2016-06-13 19-11-55
  • June 20.2016
  • diary

コバルトアワー

昔、叔母が江の島の橋のふもとで、おでん屋をやっていた。 夏にその叔母の店の二階から 花火大会を見た。 花火大会の後は店がかき入れどきになり、私は一人二階で眠ってしまう。 お客さんがは ...more


hs
  • June 19.2016
  • diary

愛は頑張っている

愛は頑張っている。愛と言っても「橋本愛」である。 検索すると容姿端麗なポートレイトの数々と一緒に、沢山の悪口ヒットする。 芸能界は怖いところだ。だけどそんな荒波に揉まれながらも頑張っている ...more


2016-06-05 18-12-37
  • June 06.2016
  • diary

光る子

夕暮れの海岸に、光る子がいた。 正確には光っていないが、光るように見えたのだ。     光る子たちは波と戯れてはまた、光に包まれる。 &nbs ...more


IMG_1573
  • May 28.2016
  • diary

おやじの海

久々の江の島。夏と呼ぶにはまだ早い五月の梅雨入り前。 晩春とでも言うのだろうか? 海の家の建設が始まる前の2週間程度、毎年カリフォルニアのようにカラッと晴れわたる。 そんな時にどこか ...more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • May 20.2016
  • diary

青春の光と影

5月の最初の日に、北鎌倉へ行った。東慶寺。さだまさしが言うところの縁切寺。 地方に進学して、入学式をすっぽかそうとした息子からは、それ以降何の音沙汰も無い。 だから縁を切ってやろうかと思っ ...more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • May 12.2016
  • diary

世界の窓と窓

心がムズムズする。春だからだろうか? いいやバート・バカラックのメロディーを聴いたからだ。 その旋律を聴いただけで、こんな気持ちになる作曲家は他にはいない。 どんなアレンジになっていようが、 ...more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • February 24.2016
  • home

いい梅見ろよ

いい梅見ろよ。見ています。 「いい夢見ろよ」といったのは柳沢慎吾。小田原市出身。 いい梅見たのは、小田原市の曽我の梅林。 まさに今が満開です。     ...more


Unknown
  • February 12.2016
  • diary

Perfect

1998年タワーレコードのサンセット・ストリップ店で、 スマッシング・パンプキンズのニューアルバムを買った。 ハリウッドの場末のモーテルの枯れたプールサイドで 一人で延々と何か語り続ける白人がい ...more


2014-01-28 13-47-53
  • January 04.2016
  • diary

虹とスニーカーの頃

"わがままは 男の罪 それを許さないのは 女の罪" 当時、小学五年生の私は、その意味すらわからず口ずさんでいた。 しかし、そのニュアンスは感じていた。 大人の恋のニュアンス。早熟なのではない。 ...more


2014-02-28 15-29-26
  • January 02.2016
  • diary

見つめていたい

そんなに見つめられても困ります。 だけど見つめられてしまいます。     見つめられて、見つめ返して。 見つめることで、愛は深まるのか? ...more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • January 01.2016
  • home

You are the sunshine of my life

2016年 謹賀新年 また新たな年を迎えられたことを感謝するとともに、 皆様にとって、輝く一年であることをお祈りいたします。   株式会社コルコバード 代表取締役  ...more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • December 20.2015
  • diary

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

アムステルダムにはダムがある。ダムに囲まれた町なのだ。 リトル・アムステルダムは横須賀にある。米軍基地の町。 港に空母が入ると、ぱっと賑わうドブ板通り。 かつてはヨーコもここにいた。 ...more


2015-12-11 16-16-58
  • December 15.2015
  • diary

Sometimes

時々撮ってしまう。マンションの広告のような商業主義の写真。 だけど犬と目が合った。こっちを見ている。 時々、強い風が吹いた雨上がりの夕方。 チャンスとばかりに海岸へ行ってみると、こち ...more


IMG_5931
  • December 13.2015
  • diary

リバー・ランズ・スルー・イット

「人の世は芸術ではなく、永遠の命を持つことはない。」 巨大な鱒を釣り上げて、満面の笑みを浮かべる若きブラッドビット。映画史に残る名シーン 。 (号泣するところをタイミング良く息子に見られて ...more


IMG_0303
  • December 08.2015
  • diary

Night And Day

コール・ポーターの夜と昼について想いを馳せる。 昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。とはニーチェの言葉。 彼の音楽には、そんな深い絶望の悲しみと、 この新しい一日の始まりのような謙 ...more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • December 06.2015
  • diary

How do you feel today?

津波が来たら、真っ先に流されてしまうこの場所に、 日の出とともに犬が誘ってくれる。ありがとう。 日の出橋という名前なので本当によく日の出が見える。 何て事のない風景なのに、毎日毎日通 ...more


2015-08-23 11-24-50
  • December 02.2015
  • diary

オフィーリアと過ごした夏

夏に川へ行った。オフィーリアのいない川。 川に沿ってずっと歩いて行って、汗をかいた頰を 冷たい水に浸けて冷やした。 誰もいない山奥の川。十代の頃から、時々ここへ来たくなる。 誰 ...more


2015-10-17 18-25-29
  • December 01.2015
  • diary

さよならDecember

12月は英語にするとDecember。なんだかカッコいい。 SeptemberからOctober、Novemberとカッコいい。 しかし8月はAugustカッコ悪い。1月はJanuaryこ ...more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • November 30.2015
  • diary

カメラ!カメラ!カメラ!

ずっと欲しかったカメラ 探してた手に入れた やけに明るい土曜日 僕は見る君を見る ほらツンと澄まして上向いて 右手をほおにあててみて このままでいたいと僕は思うから ...more


IMG_0082_original
  • November 09.2015
  • diary

架空の娘

「あの角を曲がっても消えないでよ消えないでよ」   息子がティーンエイジャーで、同級生もティーンエイジャーである。 そもそも娘が欲しかったので、 息子の同級生(クラスの7割女 ...more